あいさつ

代表挨拶

1970年の開設以来、住宅から大学、体育館、公共施設、公営住宅、
工場まで幅広い実績の中には建設業賞などの公的な顕彰を受けた作品もあります。

建物を設計することは目的、広さ、昨日を理解し、敷地、道路、法規、
近隣等々を守り、ある時は切り捨てながらもまとめ上げてゆくことです。

そこにはポリシーを持ち、主義主張を持って、
建築主と対話することが必要と考えます。
私たちは決められた条件の中で建築主の希望と求められる機能を満足させることを
第一とし、そのうえで美しさと永く残る建築を求め続けてきました。

その解決の一つが煉瓦の外壁です。

大学の新築時に古くなるほど味わいが増し、愛着を覚える数少ない材料を
細心の注意を払ったディテールで積み上げました。

また、長大な代休間の体育館の計画とともに革新・経済的な構造システムを
考案し、設計に取り入れてきました。

これからも永く残り、古さを美しさに変えられる建築を求め続けてまいります。

株式会社 アトリエ・K
代表取締役 杉浦 定雄